RSS
HOME > どんな写真送ればいいの?

どんな写真送ればいいの?

よりそっくりなあなただけのユニークフィギュアをつくるために・・・
フィギュアのモデルとなる写真についての注意事項を必ずお読みください。

* 注意事項 *
お送りいただく写真は1人あたり3〜4枚ほどでお願いします。

  *お顔正面のアップ 1枚(一重か二重か判別できる程度)
  *お顔左右側面各 1枚(計2枚)
  *後ろ姿のアップ 1枚

その他
・フルオーダーの場合は全身の写真
・この顔、表情で作って欲しいというお写真

デジカメで撮影の場合
画像サイズは、横600ピクセル以上×縦800ピクセル以上で撮影してください。

フィルムカメラの場合
L判サイズに現像していただき、下記住所へご郵送ください。
顔の大きさはL判の写真の3分の1を占める程度でお願いします。

写真郵送先:
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-9-9明昌MGビル6F
株式会社サンステラ フィギュア係

写メールでの送信
2.0G以上のカメラ付携帯で、サイズの設定は1M(1280×960)もしくはVGA(640×480)以上で撮影してください。

※プリクラでは製作できません。

より鮮明な写真をご用意して、ご注文後に届くメールに添付し返信してください。
正面の顔

右側面の顔後ろ姿のアップ左側面の顔
↑右側面の顔↑後ろ姿のアップ ↑左側面の顔

ボーダー

写真の失敗例

以下の様な写真では、そっくりフィギュアは作れません。
※大笑いしている顔、上目遣いの顔、サングラスをしているフィギュアなどの作成をご希望の方は、ご相談の上、作成することも可能です。

正面を向いていない被写体が動いてぶれているピンぼけをしている
失敗例その1
正面を向いていない
失敗例その2
被写体が動いてぶれている
失敗例その3
ピンぼけをしている
眼をつぶってしまっている髪の毛で顔が隠れている笑い過ぎている
失敗例その4
眼をつぶってしまっている
失敗例その5
髪の毛で顔が隠れている
失敗例その6
笑い過ぎている
不機嫌な顔をしている上目遣いをしている下を向いている
失敗例その7
不機嫌な顔をしている
失敗例その8
上目遣いをしている
失敗例その9
下を向いている
上を向いているアップすぎて輪郭がわからない遠すぎて顔がわからない
失敗例その10
上を向いている
失敗例その11
アップすぎて輪郭がわからない
失敗例その12
遠すぎて顔がわからない
暗すぎる明るすぎるサングラスをしている
失敗例その13
暗すぎる
失敗例その14
明るすぎる
失敗例その15
サングラスをしている
※メガネは作成できます。

ボーダー